讃州の人、化犬となる
 当山は昔、この奥にあって花台山といっていたが、延喜十五年(915)疱瘡が流行した時、観音の託宣によって当所に移したところ、童子たちの疱瘡がすぐに治った。その後も童子の病を祈ると治らない者はいなかったので、童子堂といった。
 昔、讃岐に富裕な農家があったが、ものおしみをする者であった。ある時、飢えた行脚の僧が来て、食を求めたが少しも施さず、僧が糠があるのを見て求めても与えなかった。僧はやむを得ず一升(ひとます)のみを得て、門前の犬の器に入れて犬を呼んだところ、この家で寵愛している息子は、犬のような声を発して走ってきて、これを食べているうちに犬のような顔になった。父母は驚いて僧を拝み、罪を悔いるので、僧はその因果を示して、この童子堂に祈りなさいと教えて去った。これによってその父は、この犬を牽いて、四国、西国、坂東の霊場を順拝して秩父に至り、当寺に詣でて現世の贖罪を祈念したところ、二十一日を経て元の姿に戻ったのは、不思議の霊験である。

廣重美術館蔵

(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved