寺尾村の孝子
 当山は白河院のご建立である。遙か下に荒川の水が藍色をなして渦を巻いて流れ、頂上は険しく、その風景は言葉に尽くし難い。
 霊験が多くあるなかで、この寺尾村の者は、老いた母を川向かいの宮路という所に住まわせ、朝夕見舞っていた。ある時、病であるという知らせを受けたので、急いで行こうとこの麓の淵に来たところ、折しも大雨のさなかで、俄に水が増して歩いて渡ることができず、如何にしようかと心焦るうち、水は増すばかりであった。たとえ命を捨てても母の安否を知りたいと、まさに渡ろうとしている所へ見慣れない童子が舟に棹をさして「この舟に乗りなさい」というので、夢のようなことだと悦んで岸に上って、「あなたはどこの人ですか」と聞けば、「私はあの岩の上の者です。あなたの孝心を憐れんで渡します。母もかねてより私を信じています。早く行きなさい」と言っている間に舟は、失せて跡形もなくなっていた。さては観音でいらっしゃったのかと岩の上を伏し拝んで後、急いで母を見舞ったところ、すでに病も治ったので、しかじかのことを語り、ともに利益を信じて、生涯供養をしたという。

廣重美術館蔵

(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved