飛行の尊像
 当寺の境内は、龍宮から涌出した霊場であり、堂舎や参道のほとんどは一枚の大きな岩上にあって、塵土を踏むことはない。本尊は弘法大師の作で京都より飛来し、この地にお移りになられた尊像であり、最も霊験があらたかである。ある年天皇は、全国に日照りが続き、万民の飢渇を目の当たりにされ、弘法大師に勅を下して祈願をさせた。弘法大師は心を砕いて祈願をした。すると神泉苑から小竜が昇天した。それと同時にこの地の大きな岩が二つに割れ、大竜が雲を湧き起こすと忽ち大雨が降りそそぎ、全ての人や動物、草木は蘇り五穀豊穣となった。ひとえに弘法大師の丹精と観音の利益によるものである。

廣重美術館蔵

(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved