巫女の神託
 当寺は昔神社で、大きい榊が左右よりのびて空に枝を連ね、あたかも楼門のようになっていたので、神門といっていた。その社が廃れて跡がなくなっていたのを、後年、その土地の長が里人を集めて再建を相談した。まず神楽を奉納したところ、巫女に神が移ってお告げがあった。「この地は、神社を建てずに寺院を建てると必ず永く栄える」というお告げがあったとおり、観音の霊場となったのであるが、お告げのように今に至って、利益あらたかである。神と仏は水波の隔てで神仏ともに説くところの真意は同じであって、仏となり神となった慈悲深重の誓いはどうして別々のものといえようか。それゆえ神を敬う者は、必ず仏を信じて利益を蒙るべきである。

廣重美術館蔵

(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved