圓比丘
 当寺の住僧圓比丘が、ある夜月を見ていたところ、不思議なことにあたりの草むらからゆっくりと老婆の姿をあらわし、「私は昔、優婆夷でしたが、貪欲甚重の報によって、阿鼻地獄に堕ち、それから様々に生まれかわり死にかわりましたが、その業はいまだに尽きません。私の子孫にしかじかの者がおりましたら、このことを彼等に告げて、私の菩提を弔わせてください。また、この寺へやがて霊験あらたかな観音の像を導きますので、どうかその像にむかって私の冥福を祈って、悪趣(地獄・餓鬼・畜生)から楽国(人界・天界)へ行けるようにしてください」と言い終わると、そのまま姿は消えてしまった。圓比丘は称名念仏を唱え、子孫の者にもそのことを告げて弔っていたところ、すぐに他方から観音の霊像が来たのは、この幽魂が導いたものであろう。今の本尊はこれである。

廣重美術館蔵

(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved