湯尾峠の奇談
 近江国の堅田の商人が越前国へ行き、湯尾峠を通りかかった際、怪しい者十余人が互いに話しているのを耳にした。「今年近江国の住人を絶やしてしまおうと思ったが、定朝が十一面観音像を作り、それを妨げてしまい、うまくいかなかった。これから東国に向かおうと思う」。するとその中の一人が「もし又その十一面観音を東国に移したならばどうするのだ」と言った。「その時は吾輩は日本には住めない。ああ、なんていまいましい定朝だろう」と声をひそめて話した。これを商人は聞き、これこそは疫神にちがいないと大いに恐れて国へ帰り、急ぎ定朝にこのことを告げると、定朝は坂本の地にある尊像を商人に授けて、「これを東国に持ち行き、諸人の疫難を救いなさい」と言った。商人は急ぎ東国に持って下向し、当所は仏意に叶う霊験があるため、この地に安置したいと願っていたところ、領主はすぐさま堂舎を建立したので疫難も免れ永く尊い霊場となった。

廣重美術館蔵

(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved