甲斐の商人
 昔、甲斐の国のある商人が、この場所を通りかかった時、山賊が五、六人現れ、着物などを剥いだ上、後に足がつかないよう捕らえて、斬り殺そうとした。商人はとても命が助からないと思い、ただ一心に「南無観世音」と唱えたところ、肌につけていたお守りの中から光明が雷のように輝き、山賊たちは眼を射られて開くことができなくなった。これによって、すぐに盗んだものを返して侘びたところ、眼が開くようになった。三、四人は逃げ去ったが、山賊のかしらは、仏罰にあたることを恐れて、すぐに遁世してここに住んでいた。そのうち商人が故郷から聖徳太子のお作りになった観音の像を持ってきたので、共に力を合わせて、この場所に堂を建てた。今の本尊は、すなわちこの像である。

廣重美術館蔵

(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved