住持門海
 門海は、智慧と徳行に勝れた聖で当山に仁王門を建立したが、その工事の途中に病気に犯され床に臥してしまった。薬を服用しても効き目がなく、治る兆しもないので本尊に快気を祈念した。すると、その夜、夢の中に貴僧が現れ、「私があなたの病を治しましょう」と告げ、不思議なことにその場に金剛神が現れ出て、門海の手を取って引き起こしたとたん、そこで夢が覚めた。門海は、その翌日から忽ちに回復し、本尊をますます信心すると、また多くの霊験があらわれ長寿を得られた。これは、ひとえにこの寺の利益であり、不思議ということは言うまでもない。

廣重美術館蔵

(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved