摂州の儒士
 この地に摂津国から来た儒者が住んでいたが、因果応報の道理を知らず、ただ仏道を罵り、僧を賊であるかのように侮辱していた。ある時、この寺の本尊が老僧となって、彼の家に行き話し合いをした。儒者は悦に入って仏法をさんざんに排斥し、「『観音経』の偈に羅刹鬼国の記載があるが、それはどこにあるのですか。これが全てつくり話であったならば、全く益がない」と言った。僧は笑って、「わが仏教の深い道理はあなた方のような腐りきった儒者の知るところではない」と答えた。儒者は立ち上がって、顔面を真っ赤にして、刀の鍔元をゆるめ、「お前は無法の入道だ。さあ、羅刹鬼国はどこにあるのかとくと見せろ。見せなければ嘘である」と、もはや打ちかかろうとした時、僧は手先を如意でたたき、「その、あなたが問う羅刹鬼国は、すなわちあなたのその怒り狂っている様子を言うのです」と言って笑って消えた。儒者はたちまちこの一言で悟り、僧を拝もうとしたが見つからなかった。このことによって儒者はこの堂の傍らに家を移し、仏道に心をよせたので、その後、霊験を蒙ったという。

廣重美術館蔵

(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved