禅客
 当山の本尊は行基の作で、昔、小さい草庵に安置されていた。しかし、山がそびえ、谷が深いために、鳥獣以外は春秋の彼岸にも来る者もいなかった。ここに一人の禅僧がいて、六年の間、草庵に禅定して、存在の法を考えていたところ、ある日誰かわからないが一首の和歌を詠んだ。その歌に、
  初秋に風吹きむすぶ荻の堂
  宿仮の世の夢ぞ覚めける
 とあり、禅僧は、この一首を聞いて、すぐに長年考え続けてきた無常迅速の道理を覚った。その声のするところを尋ねて見てみると、一株の荻の下に、その詠歌の短冊があったので、これこそ真の観音の霊瑞であると、そこに小さいお堂を建てて、荻の堂と名付けた。後に人々が様々な霊験を蒙ったので、今の堂舎を建立して、栄えたのであった。

廣重美術館蔵

(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved