本間孫八
 この寺の大檀那の孫八は、家は裕福だがこのような辺鄙な土地に生まれ、和歌の奥義を知らないでいた。孫八は、これを深く悲しみ、この堂に参籠し、終夜和歌の成就を祈っていると、不思議なことに旅僧が訪れ、一緒に終夜籠もり、歌の奥義を語り、また片岡山の化人の歌を講じたりしているうちに、夜明けにはかき消すようにいなくなってしまった。孫八は旅僧は救世観音が姿を変えて出現したものと知り、それにちなんでこの寺を語歌堂と名付けた。
 また信濃国の綿つみの老女が、娘を魔鳥にさらわれてしまい、半狂乱でこの本尊に祈ると、本尊は二十八部衆に命じて、魔鳥より娘を取り返し老女に渡したという。これにより、一般に子返しの観音ともいわれる。

廣重美術館蔵

(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved