荒木丹下
 この場所に住む荒木丹下という者は、けちなうえに悪知恵がはたらき、因果の道理を知らなかったので、世にたよる人がいない身分の人に恵を与えず、ただ悪行ばかりをしていた。ある時一人の順礼が門前にたたずんで、何か恵んでくれるよう頼んできたが、「うるさい、わたしの昼寝を妨げたな。では、施しを与えてやろうではないか」と表に出てきて、順礼のもっていた柄杓を奪い取り、「わたしの施しはこれだ」といって打ち叩いた。順礼は、怒りもせず、「施しがないのならば言葉だけで済むものを、ひとかどのものでない者をこのように打ち叩くとは情けない」と言った。すると丹下はますます怒って、「そもそも我が国は神の国であって、一粒の米すら神の宝であるのを仏徒の者になぜ施さなければならないのだ。さっさと立ち去れ」と攻めた。すると順礼は、「間違ったことを言わないでください。人は神からの授かりものであって、私もそのうちに入るのに、それほどまでに神を尊ぶ者が、私を打ち叩くいわれはない。天子は民の父母ではないのですか。施しを受けなければ、私は飢え死にしてしまう。仏は自他平等を説いていらっしゃいます」と言った。それからいちいち理を詰めていったところ、丹下は言葉をかえすこともなく発心し、この観世音を深く信じて大善人となったのは不思議の霊験である。

廣重美術館蔵

(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved