廣重美術館蔵

〔御詠歌〕
みなかみはいづくなるらん岩屋堂(いハやだう)
 旭(あさひ)も久那く夕日(ゆうひ)かゞやく

奉額 手みじかにさとるミちあり柿(かき)の渋(しぶ)


正観音堂
 画面右端、入母屋造の建物。
 現在は桁行三間、梁行三間、向拝付、銅板葺、宝形造。
 享保六年(1721)の建立。


(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved