廣重美術館蔵

〔御詠歌〕
天(あま)てらす神(かミ)のはゝその色(いろ)かえて
 なほもぬりぬる雪(ゆき)のしら山

奉額 花(はな)と実(ミ)のあひだを百合(ゆり)のしあむかな


正観音堂
 画面右端奥、石段上の建物。
 現在は桁行三間、梁行三間、回廊付、銅板葺、宝形造。
 本堂と仁王門が一体となり、堂内の前面に仁王門を取り入れ、前面左右に仁王像が安置されている。石段は百十六段ある。

【札名なし】
画面石段下の建物
 明治五年(1872)の修験道の禁止によって廃寺となった明星院と思われる。


(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved