廣重美術館蔵

〔御詠歌〕
極楽(ごくらく)をこゝで見つけてワらハ堂(だう)
 のちの世(よ)までもたのもしきかな

奉額 散(ち)る人を山やわらハん夕桜(ゆふざくら)


正観音堂
 画面右端、回廊により別棟が続く、向拝付、寄棟造の建物。
 現在は桁行三間、梁行三間、回廊付、銅板葺、宝形造。
 内陣中央の須弥壇に、宮殿厨子。江戸中期の建立。正面唐戸には風神雷神、迦陵頻伽の浮彫りがある。

仁王門
 画面左端、入母屋造の門。
 現在は三間一戸、萱葺、入母屋造。


(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved