廣重美術館蔵

〔御詠歌〕
老(おひ)の身(ミ)にくるしきものは野坂寺(のさかでら)
 今おもひしれのちの世のみち

奉額 道(ミち)とへば蝶(てふ)の先(さき)たつ野(の)もせかな


聖観音堂
 画面左端、別棟が続く向拝付、入母屋造の建物。
 明治十一年(1878)三月二十一日の秩父大火で類焼、明治三十四年(1901)に再建。
 現在は桁行七間、梁行五間、千鳥破風、向拝付、平瓦葺、入母屋造。


(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved