廣重美術館蔵

〔御詠歌〕
罪(つミ)とがもきえよといのる坂氷(さかこほり)
 旭(あさひ)はさゝでゆふひかゞやく

奉額 臘(らう)八や消(け)して火燵(こたつ)も雪(ゆき)の山


十一面堂
 画面右奥、石段上の萱葺、宝形造の建物。
 明治十一年(1878)三月二十一日の秩父大火で類焼、明治三十年(1897)に再建。
 現在は桁行三間、梁行三間、回廊付、向拝付、銅板葺、宝形造。


(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved