廣重美術館蔵

〔御詠歌〕
六道(ろくどう)をかねてめぐりておがむべし
 またのちの世(よ)をきくも牛伏(うしぶし)

奉額 誰(た)が罪(つミ)の種(たね)やこぼれて蛇(へび)いちご


十一面堂
 画面左端、入母屋造の建物
 現在は桁行十間、梁行八間、平瓦葺、入母屋造。
 天明二年(1782)に観音堂が焼失し、その後十一面観音は法長寺本堂に安置。この本堂は平賀源内の原図によって設計された。内陣の欄間には讃岐志度寺縁起を彫った彫刻がある。

【札名なし】
十一面堂横の建物
 切妻造の建物。
 別当寺と思われる。


(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved