廣重美術館蔵

〔御詠歌〕
父母(ちゝはゝ)のめぐみもふかき語哥(ごが)の堂(だう)
 大慈大悲(だいじだいひ)の誓(ちか)ひたのもし

奉額 慈悲(じひ)の眼(め)に捨(すて)る草(くさ)なし露(つゆ)の秋(あき)


堂(准胝堂)
 画面右端、向拝付、入母屋造の建物。
 現在は桁行三間、梁行三間、勾欄回廊付、銅板葺、宝形造。
 享保五年(1720)に現在の地に移され、文化年間(1804〜18)に再建。


(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved