廣重美術館蔵

〔御詠歌〕
あらたかにまへりておがむくわん世音(ぜおん)
 二世(にせ)安楽(あんらく)と誰(たれ)も祈(いの)らん

奉額 やがて咲(さく)花(はな)ぬくめんと落葉(おちば)かれ


奥の院
 画面右奥。
 大岩の下に多くの小石仏があり、「霊泉の井」の水が流れている。

十一面堂
 画面奥の院の手前にある萱葺、向拝付、宝形造の建物。
 現在は桁行三間、梁行三間、左右勾欄回廊付、銅板葺、宝形造。
 江戸中期の建立。堂外の縁に子育観音を安置している。

【札名なし】
画面左端の建物
 入母屋造の建物。
 別当寺と思われる。


(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved