第三十三番補陀落山那古寺(那古観音)
千葉県館山市那古1125

宗派=真言宗智山派
札所本尊=千手観音
開山=行基菩薩
開創年代=養老五年(721)


 鎌倉から始まる長大な巡礼道は、関八州を巡って、満願の札所那古寺に至る。
 仁王門を入り、平安時代後期の阿弥陀如来坐像(県文)を祀る阿弥陀堂、さらに宝暦十一年(1761)建立の多宝塔や本堂などが並ぶ。本堂外陣安置の銅造千手観音坐像は鎌倉時代の作で、国指定の重要文化財。那古山には熱帯系のタブノキ、ソテツなどに加えて、ヤブツバキなどの照葉樹の林もあり、明るい光景のなかに、結願の寺としての風格をそなえている。
 元正天皇は、養老五年(721)の九月に、突然の病に臥した。行基菩薩が勅命によって千手観音に祈願していると、本尊が壇上に現れて、安房国那古の浦にて日本の補陀落を祈れ、と告げた。
 そのころ安房国では、那古の浦の沖に大船が出現して妙音を奏でたので、人々は恐れて漁に出ることができなかった。そこに行基がやって来て、迎請の印を結ぶと、船は浜辺に近づき、なかから毘沙門天が現れて、香木を行基に与えた。その木で尊像を刻み安置したところ、たちどころに天皇の病も平癒したので、伽藍を建立したと伝えられる。
 源頼朝が帰依して堂塔を建立、足利尊氏や里見義実も篤く信仰した。江戸時代には、鶴岡八幡宮の別当を兼ね、二百八十余石を領して、隆盛を極めた。かつては山上にあったが、元禄十六年(1703)の大地震で倒壊し、宝暦九年(1759)岡本兵衛を奉行として、現在地である中腹に再建された。
 眼下の館山湾は、鏡ヶ浦と呼ばれるほど波が穏やか。第一番杉本寺のある鎌倉までは、海路あまり遠くない距離である。

平幡良雄氏蔵

(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved