第三十一番大悲山笠森寺(笠森観音)
千葉県長生郡長南町笠森302

宗派=天台宗
札所本尊=十一面観音
開山=伝教大師
開創年代=延暦年間(782〜806)


 樹齢数百年の杉や楠が立ち並ぶ参道を行くと、幹の根に近いところに人がくぐり抜けることのできる大穴があいた楠がある。この穴を通ると子宝に恵まれるといわれ、子授けの楠と呼ばれている。
 伝教大師が尾野上の郷に来た時、生い茂った木々の間から光明が射した。そこで山に登ってみると、山上に宝形の岩があり、その上に十一面観音を感得した。大師が近づくと、楠の古木のみがあったので、その木で尊像を作り、仮堂を建てて安置した。
 天慶年間(938〜947)獅子ヶ瀬と呼ばれるところに、箕作りの貧しい民家があり、末娘の名前を於茂利といった。そのころ、上総国の国司に玉前明神の神託があり、府中市原で田植祭を催した。国中から乙女が呼ばれることになり、於茂利も府中に向かった。その日は大雨で、尾野上の観音堂は雨漏りがして、尊像も濡れていたので、不憫に思った於茂利は、自分の笠を尊像に掛けた。祭に集まった乙女のなかで、於茂利が最も器量がよかったので国司は都に奏上。朱雀天皇の寵愛を得て、ついに后妃となった。後に於茂利は尾野上に壮麗な観音堂を建立、於茂利の笠ということで、笠森と呼ばれるようになったといわれる。
 現在の本堂は桃山時代の再建で、国指定重要文化財。他に例を見ない四方懸崖造で、岩の上に高々と組み上げられている。靴を脱いで、七十五段の階段を上った回廊からの眺めは、まさに絶景である。日蓮上人が三十七日間籠ったという「参籠の間」が、本堂の片隅にあり、最初の信徒となった墨田五郎時光との対面は、ここでおこなわれたと伝えられている。

平幡良雄氏蔵

(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved