第二十三番佐白山観世音寺(佐白観音)
茨城県笠間市笠間1056−1

宗派=普門宗
札所本尊=千手観音
開山=粒浦氏
開創年代=白雉二年(651)


 簡素な山門を入り、石段を上ると、昭和になって建立された仮堂がある。本尊千手観音は鎌倉時代初期の寄木造で、県の文化財に指定されている。
 縁起によると、当地に住む猟師の粒浦氏は、狩に出る前に鏡に自分の姿を映して、その日の猟を占っていた。ある日、いつものように鏡を見ると、白馬・白鹿・白雉が、霊木を守護しているところが映った。急いで山に入ると、白髪の老翁が現れて、粒浦氏を鏡に映ったのと同じ場所に導いた。粒浦氏は発心して猟をやめ、霊木の近くに草庵を建てた。
 それから七年の後、一人の仏師が草庵を訪れたので、粒浦氏は霊木にて千手観音を作ることを依頼した。十七日間で尊像は完成したが、それと同時に仏師は毘沙門天と化し、光を放って天に昇っていった。歓喜した粒浦氏は堂宇を建立し、三白山と号したという。
 孝徳天皇の勅願所となって正福寺と呼ばれ、鎌倉時代初期までには関東有数の霊場として栄えていた。ところが、近隣の徳蔵寺との寺領争いがきっかけとなり、建保二年(1214)宇都宮頼綱の命により、宇都宮時朝が正福寺を襲って堂宇を破却。寺跡に城を築き、笠間氏を名乗った。しかし、僧侶の亡霊に悩まされたため、観音の宝前で懺悔し、忠円阿闍梨を招いて観音堂を再建した。幕府に無断で兵を動かし、築城したことで咎められたが、観音の霊験により救われたことから、「佐(たす)く」の文字を使って佐白山に改めたといわれる。
 戦国時代に笠間氏が滅亡すると、正福寺も衰退。明治の廃仏毀釈で廃寺寸前となるが、昭和五年(1930)現在地に移転し、近年になって観世音寺と改称した。

平幡良雄氏蔵

(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved