木鉢作りの某
 縞柄の着物を絡げ、その上から道中合羽を着る。着物の下から下帯が見える。股引に脚絆をつける。足袋に草鞋をかける。


 襟に模様のついた襦袢に、黒襟のついた縞柄の着物を着て、帯を締める。


白木利幸氏蔵

(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved