伝教法師
 法衣の袖口から着物が見える。脚絆をつけ、草鞋をかける。網代の笈を背負う。

樵夫
 投げ頭巾をかぶる。卍模様の着物の上に、横縞の袖なし羽織を着て、上締をする。縞柄の軽衫袴(かるさんばかま)をはく。足袋に草鞋がけ。


白木利幸氏蔵

(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved