お茂利
 紗綾形(さやがた)文様の着物を二枚重ねる。長袴を着ける。下り髪に根掛け(ねがけ)を結ぶ。

坐る娘
 稚児髷を結う。平袖の袖口に豆(ささげ)のついた、模様入りの振袖を着る。


白木利幸氏蔵

(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved