千葉介常胤
 立烏帽子をかぶる。下着の上に分銅繋ぎ模様の着物を重ね、大紋(だいもん)を着る。大紋の袖には、鶴菱文と紗綾形(さやがた)文様が描かれる。脚絆をつけ、色足袋に草履をはく。左手に中啓(ちゅうけい)をもつ。

ひざまずく男性
 肌着を着け、袖を絞った着物を着る。その上に横縞の袖なし羽織を着て、帯を締める。柄入りの袴をつける。色足袋に草鞋をかける。


白木利幸氏蔵

(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved