右の漁夫
 網笠をかぶり、蛸絞り文様の着物に、腰蓑をつけ、上締をする。着物と同じ柄の脚絆をつける。

左の漁夫
 鉢巻を締め、蛸絞り模様の着物を着る。腰蓑の間から、脚絆が見える。


白木利幸氏蔵

(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved