多聞天
 甲冑を着け、領巾(ひれ)をかける。脛甲をつけ、沓をはく。

総髪の男
 黒糸丸素網模様の腕貫(うでぬき)に模様入りの着物を着る。毛皮の袖なしの上に帯を締める。横縞柄の軽衫袴(かるさんばかま)をはく。草鞋をかける。

月代の男
 竪縞の着物を尻絡げにして帯を締める。股引をはき、脚絆をつける。草鞋をかける。


白木利幸氏蔵

(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved