旅僧
 無地の下着に紗綾形(さやがた)文様の下着を重ねる。その上に法衣を着て、手巾(しきん)を結ぶ。網代笠を背負い、首から袈裟文庫(けさぶんこ)をかける。脚絆をつけ、草鞋をかける。

矢作又右衛門
 下帯をつけて襦袢を着、模様入りの着物を尻絡げにする。小花文様の風呂敷を括り付け、鉢巻をしめる。脚絆をつけ、草鞋をかける。


白木利幸氏蔵

(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved