北条時頼
 数枚の着物を重ねた上に、無地の着物を着る。腕には手筒をつける。蓑をつけて、笠をかぶる。分銅模様の軽衫袴(かるさんばかま)をはき、草鞋をかける。


白木利幸氏蔵

(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved