源三郎
 堅縞模様の着物を尻絡げにして、笈摺(おいずる)を着る。首から順礼札を掛け、股引をはく。脚絆をつけて、草鞋をかける。

源三郎の父
 横筋模様の着物の下から肌着が見える。股引をはいて、素足に草鞋がけ。


白木利幸氏蔵

(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved