勝道上人
 肌着の上に模様の入った着物を東絡(あずまから)げにして、その上に法衣を着て手巾(しきん)を結ぶ。編笠をかぶり、網代の笈を背負う。袖口から手筒、裾からは脚絆が見える。足袋に草鞋がけ。


白木利幸氏蔵

(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved