伊香保姫
 桜草文様と流水模様を散らした振袖の下に、紗綾形(さやがた)文様の白と赤の振袖襦袢を二枚重ねる。袖の間からは、模様の入った帯の端がのぞく。簪(かんざし)を挿し、根掛け(ねがけ)を結ぶ。

継母
 櫛と笄(こうがい)を挿す。花弁模様の緑の着物の右肩袖を脱いだ下から、白い襟の付いた雷文模様の着物と赤い襦袢が見える。青い模様の入った黄色と紺の両面帯を締める。


法楽寺蔵

(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved