郷士高崎氏
 五つ紋の付いた無地の緑の着物を着、竪縞柄の袴を着ける。襟元からは黒と青、袖口からは緑と白の着物がのぞく。

女性
 紗綾形(さやがた)文様の襟の付いた赤い襦袢を着る。その上に五つ紋の小紋の入った紫の着物を重ねる。小花模様の描かれた緑の帯を結ぶ。

僧形の男性
 法師頭巾をかぶり、法衣を着る。脚絆をつけて、足袋に草鞋をかける。


廣重美術館蔵

(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved