男性
 投げ頭巾をかぶり、襟元や袖口から青襟のついた赤い襦袢がのぞく。網代紋の着物を着、石持(こくもち)の付いた黒い羽織を着る。足袋に草履をはく。

女性
 櫛・笄(こうがい)・簪(かんざし)で髪を飾る。胸元に石持をつけ、椿が描かれた紫の振袖を着る。唐草模様の幅広の帯を吉弥(きちや)結びにし、黄色の扱(しご)きを結ぶ。振袖の下には青海波(せいがいは)文様の緑の着物や、紗綾形(さやがた)文様の襟のついた赤い襦袢を着る。足袋に草履をはく。


法楽寺蔵

(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved