髪をじれった結びにする。小紋が入った着物の右肩袖を脱ぐ。前帯で裾を絡げており、肌着がのぞく。

姥の娘
 唐草文に似た模様入りの振袖に、麻の葉模様の入っただらり帯を結ぶ。袖と胸元に石持(こくもち)が入っている。


白木利幸氏蔵

(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved