慈覚大師
 僧綱襟(そうごうえり)のついた緋衣(ひえ)に花文様の袈裟を着ける。縹帽子(はなだぼうし)を首に付ける。肩越しには中啓(ちゅうけい)が見える。

龍女
 髪型は垂髪で、髪飾りをつける。鼠色の模様入り着物を着、その上に同色同文様の上衣を重ね、茶色の張り袴(はりばかま)を着ける。これは小袿(こうちぎ)姿に似る。腰には濃青色の帯を前で結んで垂らす。腕には唐草模様の緑の領巾(ひれ)をかけ、左手に腕釧(わんせん)をはめる。


法楽寺蔵

(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved