坂上田村麻呂
 鎧の上に牡丹柄の赤い陣羽織を着る。折り返した陣羽織の襟には、紗綾形(さやがた)文様が描かれ、房をつける。手には籠手(こて)をはめ、足には脛巾(はばき)を巻く。鉢巻を締め、黒足袋をはく。

左側の男性
 縞柄の鎧直垂(よろいひたたれ)の袴をつける。藍縞柄の脛巾を巻く。色足袋に草鞋がけ。


埼玉県立博物館蔵

(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved