褐色の肌の力士
 紫色のまわしに、注連(しめ)のサガリをつける。

力士
 褐色の肌の力士と同様、紫のまわしに注連のサガリをつける。

行司
 黄色の袍(ふき)のついた紫の着物を着て、霰小紋(あられこもん)柄の裃をつける。胸元には石持(こくもち)がつき、襟元と袖口からは黒襟と赤い着物の袖が、各々のぞく。


埼玉県立博物館蔵

(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved