足立藤九郎盛長
 亀甲四ツ菱の紋のついた青色地の熨斗目(のしめ)小袖を東絡(あずまから)げにする。小袖の袂には亀甲花菱文を描く。裏地や幅広の袍(ふき)が見える。黒色の裃の肩部分と袴の裾には、鋸歯紋(きょしもん)が入っている。袴は着物の中に挟みこんだ股立ち姿で、膝に三里当てをする。黒足袋に太い鼻緒の草履をはく。

画面下部・右側の男性
 手拭で額を拭う。上半身裸である。

画面下部・左側の男性
 豆絞りの鉢巻をする。衣類を肌脱ぎにし、上半身裸である。


廣重美術館蔵

(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved