行基菩薩
 編笠を背負い、杖を持つ。無地の薄青色の着物を東絡(あずまから)げに着付け、その上に法衣を重ね、手巾(しきん)を結ぶ。白の脚絆をつけ、白足袋に草鞋をかける。

母親
 横櫛を挿す。襦袢の上に紺無地の着物を着る。袍(ふき)は濃青である。黒の半幅帯(はんはばおび)を緩めて結ぶ。赤い紐を襷(たすき)がけにして子供を背負う。

子供
 目刺し髪。涎(よだれ)かけの紐と思われるものが肩先からのぞく。


法楽寺蔵

(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved