左の海女
 赤い襦袢に、黒襟のついた細かい菱模様の紫の着物を着る。赤色の襷がけ、蛸絞り模様の腰巻をする。その上に腰蓑をつけ、黒色無地と格子柄の半幅帯(はんはばおび)を前で結び、抱(かか)え帯をする。手拭いをかぶり、その端を口にくわえる。汐汲み桶を担ぐ。足元は素足。

右の海女
 髪をじれった結びにし、横櫛を挿す。白襟のついた赤の長襦袢の上に、赤柄物の襟に紫色と赤色の二色になった麻の葉模様の着物を着、黄色の襷(たすき)をかける。腰蓑をつけ、前帯を結ぶ。足元は素足。


神奈川県立歴史博物館蔵

(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved