飯山権太夫
 亀甲に四つ菱の紋がついた熨斗目(のしめ)の着物に、三色横段柄の袴をつける。大小の刀をさし、扇子を持つ。足袋に草履をはく。

従者
 一升文(ひとますもん)の紋入り着物の裾を絡げ、帯を締める。その下から肌着が見える。脇差をさし、桜の枝が入った手桶を持つ。素足に草履をはく。

近代の住持
 僧頭巾をかぶり、東絡(あずまから)げにした着物の上に、黒染めの法衣を着、手巾(しきん)を締める。脚絆をつけ、足袋に草鞋がけ。


廣重美術館蔵

(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved