飯泉長者
 黒襟に蛸絞り模様の着物を着、緑色の腰紐で締める。膝のあたりで半股引を紐で結ぶ。


 唐桟縞(とうざんしま)の着物を着て、茶色の紐を襷(たすき)がけにする。藍色の帯に抱え帯を締める。髪を伸ばし赤い紐で一つに結う。地が水色、朝顔模様の裾除けをする。足元は素足。


 深編笠をかぶり、筒袖の襦袢を着る。法衣を東絡(あずまから)げにし、黒色の腰襞をつけて、手巾(しきん)を結ぶ。襦袢と同色の手甲をし、脚絆をつける。草鞋がけ。


廣重美術館蔵

(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved