源頼朝
 烏帽子をかぶり、源氏の紋である笹竜胆(ささりんどう)文様の狩衣を着る。その下から籠手(こて)と草摺(くさずり)が見え、腰には太刀を佩(は)く。

船長
 無地の着物の中に肌着をつける。鋸歯紋(きょしもん)の袖なし羽織を着て、上締をする。


廣重美術館蔵

(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved