北条相模守時頼
 烏帽子をかぶり、濃青色の裃と袴を着け、中に熨斗目(のしめ)の着物を着る。熨斗目は紗綾形(さやがた)と亀甲模様に分かれる。北条家の家紋である三つ鱗文を抜く。肩脱ぎにした肩衣の下からは裏地が見え、そこにも家紋が描かれる。白足袋で馬の舌鐙(したあぶみ)に足をかける。太刀と腰刀をさす。右手に鞭を持ち、左手には縞柄の手綱を握り、馬に跨(またが)る。袴の下から熨斗目の着物がのぞく。馬には虎皮の大滑(おおなめ)がかけられている。大滑は、切付(きりつけ)や(したぐら)とも言う。公卿は豹皮の、四位以下は虎皮の使用が定められていた。

従者
 無地の着物の裾を尻絡げにし、帯を締める。帯の上から上締をする。茶色の縞柄の脚絆をつけ、素足に草鞋をかける。中間装束(ちゅうげんしょうぞく)である。


神奈川県立歴史博物館蔵

(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved