当山の本尊ハ行基大士此海中より感得(かんとく)して元正天皇の御悩(ごのう)を祈(いの)り給ふ霊躯(れいく)なり昔武州多广郡の木鉢作り某五七人と坂東順礼を約せしが病ひ故に約にはづれしを苦にして死しにけり其四十九日に親族(しんぞく)打寄る中へ某立戻りける故ミな/\驚きけれバわれちゝぶの僧と順礼して那古にて村の順礼に出合けれバ門迄つれ立て戻りしとのへバ其墓を堀かへして見ると竹の杖(つえ)一本ありしとハふしぎのげんなるかな

白木利幸氏蔵

(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved