当山ハ伝教大師諸国を遊歴(ゆうれき)して此地へ闇夜(あんや)に来りしを当所に鎮座(ちんざ)まします熊野権現樵夫(しやうふ)に化(け)して社内へいざなひ夜もすがら仏法を聞きて失(うせ)給ふ大師夜あけて熊野の社なるを知り歓喜(くわんぎ)ゆやくのあまり爰に小庵をむすばれしが故あつて上京なし給ふ後又慈覚大師此小庵に住て救世(くせ)の像(ぞう)を作り山城の清水の堂舎(だうしや)の如きを建立(こんりう)せられける

白木利幸氏蔵

(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved