当山ハ其昔生身の観世音ミづから説法し給ふを行基大士聴聞(ちやうもん)してその真容(おんすがた)を丈六に刻(きざ)ミて安置しけれバ聖武帝えいかんのあまり三界六道(しめじがはら)青蓮千葉寺をいふ御震筆(しんぴつ)の額(かく)を賜ふ源の頼朝公此本尊の冥助(めうぢよ)にて東国の武士味方と成平家を亡ぼし源氏の世となりしほうおんに建久(けんきう)三年千葉介(ちはのすけ)常胤(つねたね)をもつて伽藍(がらん)を再興(さいこう)せられける

白木利幸氏蔵

(C) 2001 International Research Center for Japanese Studies, Kyoto, Japan. All rights reserved